以前までは、有名人や著名人などの不倫スキャンダルは、お役ごとの芸能肥やしのように思われてきました。しかしコンプライアンスが重要視されてからというもの、不倫は芸能活動に支障をきたしてしまうほどの大スキャンダルになってしまうのです。

ここでは芸能人の不倫報道について紹介していきましょう。

ファンキー加藤-アンタ柴田嫁

完璧に世間からは批判を受ける不倫のスタイルがファンキー加藤とアンタッチャブル柴田嫁とのダブル不倫でしょう。不倫が発覚した上、不倫相手の子供を妊娠しているという驚愕の結末。もちろんアンタ柴田は離婚を決断したわけですが、その相手であるファンキー加藤を責めることは一切しませんでしたね。

この対応が神対応だとインターネットを中心として評価をされていますが、内心は怒りで煮えくり返っているどころではないでしょう。友人の奥さんを寝取ってしまったという最悪のケース。

最悪不倫に至ったことは多めに見ても、バレてはいけない関係というのが前提ですよね。それにも関わらず、避妊もせずにセックスをし、子供まで妊娠してしまっては、もはやルール違反と言わざるを得ませんね。

不倫自体がルール違反であるという認識を持っている方が多い中、その中でもタブー中のタブーを犯してしまったケースとは言えないでしょうか。不倫願望がある方でも、秘密の関係であることが前提であり、そこには絶対に守るべき暗黙のルールがあるということを忘れてはいけませんね。

ここまでのルール違反を犯してしまっているなら、同情される可能性はゼロと言っても良く、その後の社会生活に大きな悪影響を与えてしまうことが予測出来ます。

清水富美加-KANA-BOON飯田祐馬

清水富美加改め、千眼美子と人気バンドkanaboonの飯田祐馬との不倫は、彼女が出家という形をとり、暴露本を出したことで発覚しました。テレビ共演をきっかけに付き合い、後に既婚者であることを告白した結果、思い悩み出家に至った要因を作ったとも言われています。

同じミュージシャンであるゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫が大問題化したこともあり、飯田祐馬の対応はとっても早かったことでも話題になりました。

最初から既婚者であることを告白すれば、異性として意識されづらくなるというのは、多くの男性が抱く思いですね。ですから事実を隠し、あわよくばな関係を狙う気持ちは分かります。

しかしながら、それが発覚した時、相手に対して多大なダメージを与えてしまうことを忘れてはいけません。溜まりに溜まった鬱憤が爆発した時、家族にはもちろん会社などの各関係者に暴露されてしまう可能性があるという教訓です。既婚者であることを隠し、関係を持つことのリスクが非常に分かる結末と言えるでしょう。

中谷美紀-渡部篤郎

前述の2つの不倫とは違い、不倫のルールをきっちりと守った形の不倫が中谷美紀-渡部篤郎かもしれません。中谷美紀の対応がまさに神で、女癖の悪い渡部篤郎が芸能人はもちろん、素人のホステスにまで手を出している中、じっと我慢をし続ける対応を見ています。

結局、前妻とは離婚をしていたものの、二人がゴールインすることは15年という長い期間交際したのにも関わらずなく、違う女性と再婚を選んだという典型的な不倫相手にされてしまった女性側が不幸に至るという不倫愛になりました。

このように芸能人の不倫報道を見ても、同じ不倫とひとくくりにすることができないほどにさまざまな形や結末があることが分かりましたね。

それぞれの不倫関係には、これから不倫関係を築こうとしている方たちが気をつけるべき教訓を沢山知ることができます。芸能界と一般庶民の環境はまるで違ってはいるものの、多くの失敗を参考にして自分がもしも行う際の参考にしましょう。