nayandasuenifurinwoerabimasita性的関係のみを求め不倫をする男女もいますが、中には切ない事情から不倫に走る人もいます。30代の主婦Aさんは、思い悩んだ末に不倫を選択しました。

Aさんと旦那さんは学生時代から交際し、大学卒業と同時に入籍しました。しかし結婚生活は、Aさんが思い描いていた様子とは異なりました。

「結婚生活というよりは、同居・・・みたいな。もともと家族ぐるみで交流していたので、新しい刺激は殆どありませんでした」

とはいえ、Aさんはまだ20代。女性として輝ける年代です。繰り返される日常の中、Aさんはふと気づきます。恋をしたい。それも、蕩ける様に熱い恋を。

そんな願いを叶えてくれたのは不倫サイトでした。不倫サイトで年上の男性と知り合い、交流を開始したのです。

しかしAさんには罪悪感がありました。恋をしたいというのは自分の我儘、夫は何も悪くないのに・・・と思ったのです。相手男性もそれを察してか無理強いをすることはなく、お喋りだけのデートを繰り返しました。その回数、なんと9回!驚くべきことにその間、男性はAさんに一度たりとも触れなかったのだそうです。

「お喋りだけでも十分に楽しいんだって言われて、すごくうれしかったんです。この人は私を必要としてくれるんだって思えて。その頃の夫は、風呂・飯・寝るくらいしか言わない人になっていたので・・・まあそれでも好きだったんですけどね」

その男性は、単身赴任が終わると同時に家族のもとへ帰っていきました。それでも、未だAさんを気遣うメールが不倫サイトで出会った男性から届くのだそうです。