最初は自身の家庭を壊すつもりがなくスタートさせた不倫関係ですが、気がつけばもう不倫相手なしでは生きていけない体になったという方は少なくありません。

こういった場合には、離婚をして不倫相手と再婚をしたいと思うものではないでしょうか。しかし、こういった願望を成就するためには、超えなければならないハードルが沢山あるのは当然です。

ここでは不倫相手との幸せを掴むために、現在のパートナーと離婚をする際に気をつけたいポイントを紹介していきましょう。

不倫をしている事実は絶対に隠すべき

現在のパートナーと円満離婚をして、新しく不倫相手との幸せ生活を贈りたいと思っているのであれば、不倫をしている事実は絶対にバレないようにすべきです。

離婚を決意した場合には、一度不倫相手と会う頻度をなくしましょう。会えないで辛いという時間がお互いの絆を更に強くしてくれます。

離婚を決断した場合、もう自分の中ではすっかり整理が出来てしまっているかもしれません。しかしパートナーも同じとは限らないのです。

もしもそんな中、あなたが不倫をしていることがバレてしまえば、裏切られていたという事実を把握したパートナーが感情的になり、どのようなアクションを起こしてくるのかは、想像しやすいことではないでしょうか。

ですから、実際に円満に離婚が成立するまでは、細心の注意を払いパートナーに不倫をしている事実を把握されないようにすべきなのです。

取れものをしっかりと取るために

不倫をして離婚を決断する方の多くが、不倫相手を必要以上に好きになってしまったというよりも、結婚したパートナーへの不満が強く、耐えられなくなったというケースになります。

例えばDVや相手側が最初に不倫をしていた。他にも自由にできるお金がない。働かないし、家事もしない。子育てなどに非協力的すぎるといった不満です。

こういった場合、とにかく一刻も早く離婚を成立させたいからといって、二人だけで話し合い、慰謝料や財産分与などもせず離婚届を出して成立させるという選択肢を取られる方がいますが、これは大きな間違いです。

結婚をしてからマイホームを立てたり、マイカーを購入した。貯蓄をしたといったものがあるなら、それは夫婦の財産になりますから、半分は貰う権利があります。

こういったものを取りはぐれないようにすべきであり、もしも詳しく分からないのであれば、弁護士などのその道のプロに相談をしてでも、きっちりともらうものはもらうようにしましょう。