不倫は悪い事というのは紛れもない事実ではありますが、それでもやっている人がいると言うことは何かメリットがあるはずです。
既婚でありながら、パートナー以外の異性と関係を持つことにどのような利点があるのでしょうか。
そんな、不倫におけるいい影響について考えてみましょう。

夫婦間の関係の改善のきっかけになる

そもそも、なぜ許されない関係に手を出してしまうかと言えば、夫婦間に不和があるからでしょう。
もっと端的にいうならば、パートナーに不満があるからではないでしょうか。
結婚生活が長くなる中で、相手に対する遠慮がなくなり、今まで見えていなかった嫌なところが目に付くようになったとか、単純に飽きてしまったとか、不満の原因は様々かもしれません。

塵も積もれば山となるように、夫婦生活が長引き小さな不満がたまれば当然ストレスになります。
不倫をすることで、その不満を解消できるわけです。
不倫相手との関係は結婚する前のような、楽しく明るい関係であることが多いでしょう。

その中で癒され、不満を解消することが出来れば、普段の生活も頑張ることが出来るようになりますし、明るくもなれるでしょう。
自分が前向きに結婚生活を考えられるようになれば、自然とパートナーにも優しくでき、関係が良くなっていくはずです。

未来の事を考えなくていい

不満解消に近いところはあると思いますが、まず不倫にはいきつく先は存在しません。
普通に付き合っていれば、その先には結婚がありますし、結婚したら子供の事や親の世話、自分たちの老後など考えることはたくさん生まれます。
しかし不倫関係であれば、付き合っていく中で将来のことを心配する必要はありません。

そのため、よりストレスフリーな付き合いができます。
いつまでも恋人のような関係でいられるということですから、一緒に暮らすようになってから気が付くようになった、嫌なところというのも見ずに済むわけです。
そういった関係は、人生をより楽しいものにしてくれるでしょう。

結婚生活が長引くことで、おろそかになっていった自分磨きもするようになるかと思いますから、不倫をする前よりも、魅力的になってもいるはずです。

誰も不幸にならない選択肢を

不倫をするメリットをご紹介しましたが、言うまでもないデメリットが存在しています。
不倫をしている期間が長くなるほど、ボロが出て大問題にまで発展して、自分を含めた周りの人を全員不幸にしてしまう可能性がある事を頭に入れておいてください。