愛人関係だからこそ、二人で一緒にいるときは、相手にときめいてほしい。自分を見て、ドキッととさせたい。といいますよね。
愛人関係の二人がお互いを見て、ドキッとときめく瞬間はどんなときなのでしょう。

ちょっとした隙を見つけた瞬間

愛人関係の場合、普通の恋人関係のように気軽に会ったり、気軽にデートしたりということはできません。
いつもどこか気持ちを集中させています。
そんなときに、ふっと、素の自分を見てしまった瞬間にドキッとします。

普段は見せない子供ような無邪気な笑顔に安心感と嬉しさを感じてドキッとしてしまいます。

あなたが一番!と思わせる

愛人関係の場合、お互いパートナーがいたり、どちらかにパートナーがいる場合がほとんどです。
決して一番になることができない関係です。

そんな関係だからこそ、特別な関係なんだよと態度に少しでも表してあげると、その姿にドキッとするのです。

女性なら、周りに嫌がられない程度に甘えてみたり、返事をするときに目をじっと見つめたり、常にボディタッチをしてみたり。というのもポイントが高いです。
でもこれ見よがしにすることはNGです。さりげなくがポイントです。

落ち込んでいるときこそ優しさを見せる

仕事や家庭がうまくいかなくて、気分転換に会いたい。というのも愛人関係によくある状況です。
精神的に落ち込んでいるとき、いつもより優しくするいつもと違うあなたの態度にときめきます。
いつもはあまりしない料理をしてみたり、いつもはかけないような甘い言葉をささやいたり。いつもと違う自分を演出してみましょう。

二人だけの秘密

愛人関係はそれだけでも二人の秘め事ですが、それ以上に二人だけの秘密を共有した瞬間、ドキッとします。相手のパートナーさえも知らない秘め事を二人だけで共有する瞬間、いつもと違うドキドキ感にときめいてしまいます。

いつもと違う姿を発見した瞬間

いつも会うときは、仕事の帰りなどが多く、スーツだったりするのに、たまたま休日に会うことができ、普段とはまったく違う姿を見たとき、そのギャップにときめきます。
ギャップの差が大きいほど、ドキッとすると同時に、自分にしか見せないあなたを発見できた喜びに、ときめきを感じるのです。

どれもわざとらしくではときめきません

どれも、ふとした瞬間に訪れて、偶然に発見したからこそときめくのです。どれも計算されてしまっては、ドキッとすることもときめくこともないので、気をつけましょう。
普段、同じ場所ばかりで逢瀬を重ねているのなら、自分からたまには違う場所に誘ってみたり、普段とは違う雰囲気を出してみたりと、さりげなくわかりやすいことからアピールして、反応を確かめてみるのもよいですね。