最初は不倫関係などは不幸になることが分かっていて、絶対に他人のものには手を出さないと決めていたにも関わらず、気がつけば他人のものを好きなってしまっていた。

こんなことはよくあることです。しかしながら、いざ不倫の関係を始めてみると、その禁断の関係がバレないようにさまざまな気遣いが必要になることが分かります。

周囲の視線が気になったり、将来の不安を感じたり、そのストレスは半端ではありませんよね。そこでここでは、不倫をすることによって溜まってしまうストレスの解消法について紹介しましょう。

他人と自分を比べるのを辞めること

愛する人には先に出会った運命の人がいた。不倫関係に走る方の多くが考える思考回路ですよね。そこでよくあるストレスは、自分の運命の人と知り合い、見事にゴールインをした友人や知人との比較です。

隣りの芝は青く見えると言いますが、まさしくそれでないものをねだっても解決はしません。他人の幸福と自分が不倫をしているというどうにもならない立場を比較して羨んだところでストレスが溜まっていく一方です。

所詮、他人は他人あり自分は自分であるということを意識し、他人を羨んだり、それを通り越して恨んだり妬んだりすることはやめましょう。

不倫の関係を選んだのも自分だし、相手にパートナーが存在していることはなしには出来ません。将来に関しても、なるようにしかならないと腹をくくり、今その時を楽しむべきなのです。

嫌なことは嫌だと伝える

不倫関係を継続していると、秘密を共有している人間があなたと相手の二人だけという状態になるものです。こういった場合、二人だけの狭い世界で物事を判断しがち。

つまり冷静に考えると相手が要求してくることはおかしいと感じられるものでも、それが正しいと間違った判断してしまい、ストレスを溜めてしまうケースが多くなるのです。

例えば不倫という関係であったとしても、いつもラブホテルでセックスばかりをすることにストレスを感じているなら、セックスを断るという決断を下しても良いのです。

また自分の体に負担を強いるようなプレイを強要してくるのであれば、それに対してきっちりとNOと断るようにする。体調が悪い時のデートの誘いも断ってもOKなのです。