専業主婦という立場の女性にとって、不倫をするチャンスは驚くほどに大量に転がっています。パートナーが相手をしてくれない。若い頃のように刺激的な生活を送りたい。

こういった欲求を我慢するのはよくありません。そこでここでは、専業主婦の方が不倫の関係に踏み出す前に気をつけるべきポイントについて紹介していきましょう。

連絡ツールの履歴は確実に消去すること

携帯電話であれ、パソコンメール、無料通話ツールやSNSなど不倫相手との連絡手段はこれらのツールになりますが、これらのツール全てにおいて共通するのは、履歴が残ってしまうという点です。

実は男性でも女性でも、浮気や不倫がバレてしまった要因として、これらの連絡ツールの履歴から足が着いてしまっているケースが80パーセントを超えているのです。

つまり、この連絡ツールの履歴さえ細心の注意を払い消去をしておけば、不倫や浮気はバレる可能性がかなり低くなるということです。

不倫相手からもらった嬉しい言葉や優しい言葉。他にも愛のささやきのようなメッセージを残しておきたいという気持ちは分からなくはありませんが、前提はバレてはならないということ。

そういった言葉は頭の中に入れておくだけと心に決めて、しっかりと履歴を消去するように心がけましょう。

連絡ツールの通知機能を使いこなす

前述にある通り、80パーセント以上が連絡ツールからの不倫バレになるわけですから、連絡ツールの使い方に配慮するのは非常に大事なことなのです。

履歴を消去するのは基本中の基本ですが、パートナーと一緒にいる時、もしも不倫相手から連絡が来た場合には、気まずい雰囲気になりますし、パートナーも怪しがるものではないでしょうか。

そういった疑いの余地もなくすためには、通知機能などをフル活用すべきなのです。例えば自宅で一緒にいるであろう平日の20時以降や土日の全日は連絡があっても通知をしないといった設定にしておくべきなのです。

こういった配慮をしなければ、余計な疑いをパートナーに抱かせることになるわけですから、注意をするようにしたいところです。メールでもSNSでも、無料通話アプリなどでもこういった細かな設定ができるようになっているわけですから、しっかりと活用していきたいところですね。

専業主婦であるという立場を理解していれば、頻繁に連絡が来るのはパートナーにとっては、違和感があるという風に思われるはずですから、それを前提に対応をしていきましょう。